» 真空蒸留再生装置

真空蒸留再生装置

洗浄廃液から洗浄溶剤を回収し再利用する装置です。

■SD-2M12535

真空技術の応用で作業効率と環境負荷の低減を追求

真空蒸留再生装置 SD-2M12535 加熱媒体として水を使用しているため、環境に優しく安全性の高い製品です。また従来の油間接加熱方式に比べ、熱効率アップを実現。

特長

特長の説明図

  1. コンパクトで軽量のため、どこにでも設置できます。
  2. 真空クローズドシステムにより、溶剤が直接大気にふれることなく安全に操業できます。
  3. 真空減圧蒸留のため、沸点上昇や酸化による溶剤の劣化は起こりません。

システムフロー

システムフローの図

運転フロー

運転フローの図

SD-2M12535 仕様

型式 SD-2M7562 S-50型 S-100型 S-150型
名称 真空蒸留再生装置
方式 真空減圧蒸留
用途 洗浄廃液からの溶剤の分離回収
溶剤 炭化水素系溶剤
加熱方式 不燃性熱媒体による加熱
処理能力 第二石油類の新液換算量 35~50L/Hr 75~100L/Hr 115~150L/Hr
第三石油類の新液換算量 第二石油類×約80%
回収率 最適時99%以上
処理温度 常圧沸点以下
操業圧力 大気圧以下
廃液導入 差圧による導入
回収液搬出 ポンプによる圧送
廃油排出 落差による自動排出
設備構造 真空気密構造
運転 自動運転
電源 3Φ~200/220V~50/60Hz
電気容量 ヒーター 5kW 10kW 20kW
排気ポンプモーター 0.75kW 0.75kW 0.75kW
冷却水 循環水の場合(30℃以下、0.2MPa)
※水温が低いほど溶剤の回収は高くなります
1000L/Hr 1700L/Hr 3400L/Hr
冷水機の場合(at15℃) 4300kcal/Hr 8600kcal/Hr 17000kcal/Hr
エアー ドライエアー・50NL/min(0.4~0.5MPa)
制御操作盤 装置取付(扉は前開き)
塗料色 本体 マンセル 2.5Y9/1(クリーム系)
盤 標準色(既製品)
外形寸法 500×890×1800 550×910×1800 650×980×1850

★寸法:(W)×(D)×(H)mm

お問い合わせ

新サン電子株式会社 山形本社

〒999-3102 山形県上山市新金谷50-1
TEL:023-672-7611
FAX:023-672-7799
受付時間:9:00 〜 17:00

お問い合わせ

Copyright(c) 2020 新サン電子株式会社 | 超音波洗浄機の製造・販売・改造・メンテナンス・修理. All Rights Reserved.